mv








1617年に池田輝政によって完成し、文化遺産として世界遺産に登録された「姫路城」はスッポリ囲いにおおわれて改修中だった。改修の状況を観ることが出来るとの説明だったが時間が遅かったこともあり、完成後を楽しみにして城下町をぶらり・・・。
途中流石に古い城下町を感じさせてくれる何軒かの古い名物を楽しみながら駅に戻った。

普段新幹線から見る「白鷺城」の美しい姿も4〜5年先までその姿を見ることが出来ないのは寂しいが、1213年大河ドラマは「黒田官兵衛」と決定したと姫路駅に大きく掲示されていたので例え改修工事中であっても多くの人が集まって街が活性化されることを商人としては大いに期待したいところだ。