ぶらり社長の “知恵と杖”

一人ひとりが健康で長生きするために「転ばぬ先の杖ならぬ知恵」って・・・
“爺感覚”で綴るブログです。










facebookもぜひご覧ください
私のfacebookアカウントはこちら
弊社facebookページ【健康なび】はこちら

2008年08月

とれる・No.1との出会い

大阪駅近くの喫茶店でアドバンス安川氏と出合ったのは平成14年3月頃だった。

「こんなもん造ってマンネン」とのお話はバイオとかの難しい話ではなく、京都・平安神宮の池の浄化の話であった。(そんなに汚れているわけではないという注釈がついたこともあった)

後日、東大阪の事務所で水槽に入った「二枚貝」の実験の様子を聞いてもまだまだ何のコッチャ!という程度のサイエンスも、バイオにも全く興味カケラさえ沸かなかった。

唯、マーケッティングの上で、トレル・No.1というネーミングには面白いものを感じたのである。石鹸ではないという検査官の言葉通り“汚れ”が取れるのは面白いぐらいそれをそのままネーミングにするのであったが、問題は「No.1」というネーミングが通用するかという疑念があった。しかし「お陰でと下りましたデ」という連絡で改めてヤッタ!という思いであった。

以後、ビールをはじめとしていろいろの商品に「No.1]の名称が付けられたことはご承知のとおりである。

男のこだわりと時計

7bd49217.jpg偶然立ち読みの書店で見つけた。

多くの男性が腕時計にこだわる理由が縷々記述されている中で印象に残るフレーズは「外付けハードディスク同様に、自分の内面世界を拡大する手段としてのアクセサリー的主張」する手段という点だった。

アップデータなブランドから「カルチェ」「ブルガリ」「ショパール」というジュエリーブランドにいたるまで、当たり前になったクォーツの時代からゼンマイ式巻上げ時計が改めて見直されることに期待したい。そのことは時を大切にするという精神にも繋がると思うからである。人生や一生を大切に生きることを再考する手段となればそれなりに「こだわり」も生じるのではないかとくだらぬ(?)発想している次第。

こだわりの時計-3

時計時計の裏側は全くボロボロな状態。フレームは金属が剥がれているのがお分かり頂けると思う。
50年時を刻んでくれた「こだわり」には訳がある。

1960年高等学校を卒業し入学するに際して、母が当時勤めながら月賦で購入してくれた品である。「ラドー」というブランドが日本に輸入されて間もない時期に決して安くない輸入時計を買い与えてくれたのだった。
女親が子供に与える愛情という「こだわり」だったと言えるのかも知れないと今も思うが、以来、自分のこだわりが始まったのかも知れない、今も母の“思い”を「こだわり」としているのかも知れない。
そしてモノを大切にする気持ちをこの時計と共にこだわりたいと思う。

進化した20世紀を一人ひとりにこうした「こだわり」を再度思い浮かべてはどうだろうか。

こだわりの時計-2

こだわりの腕時計-2約1ヶ月程して修理を依頼した大手家電量販店より「メーカーに部品がないので修理が出来ない」との返答がきた。確かにスイス現地ではのメーカーが何らかの事情で売却されたという記事を何かで読んだ記憶があるが、スイスのメーカーの信頼性への「こだわり」はレベルが高いと思っているので、まさか!という思いであった。
やむなく川崎の業者に問い合わせたら何と!!  「修理します」とのこと。
やっぱりという気持ちで持ち込んでやっと最近修理が完了し我が腕に収まりご覧の通り正確に作動していてくれる。

ご覧の通り傷だらけの機械であるが、最近の数年を除いて我が青春から成人にいたる課程でずっと共にしてきた。つまり私の50年の人生を今も支えてくれているという全く一番古い付き合いということになる。

ブログが変わる!

c5417f78.jpg銀座・伊東屋がどう変わったのか楽しみで立ち寄った。

“和風”と“こだわり”が主なテーマであるように感じた。

暫く夏休みしていた我がブログも本日より「こだわり」をテーマにして時々、あちこち、いろいろなモノやことをブログしたいと思う。

   乞うご期待!!!

こだわりの腕時計−その1

こだわりの時計数ヶ月前、某百貨店の時計売場で小さなショーケースに「ラドー」の腕時計が数点陳列されていた。
懐かしさが手伝って足を止めて暫くじっくりと眺め入った。(店員さんも??顔)
ソウダ!!・・・早速雑然とした我が机の引き出しにしまった「ゴールデンホース」を思い出して引っ張り出して、腕にはめてみた。
この数年は2本のロレックス等時々に気ままに気分を変えていた「腕時計」に隠れてすっかり忘れられていた為か、いくら腕を振っても全く動く気配さえない状態であった。
申し訳ない!! そんな気持ちで大手の家電量販店に修理を依頼した。

【こだわりの記】

モノやことに対する「こだわり」は国や地方によって違いはあるが、反面で「こだわり」を忘れたり失っている部分も目立つようになってきた。

日常の生活やコミニケーションの大切さをモラルとすれば、「モノ」を大切にする日本人の心を流通を通じながら生産や販売する企業も購買する消費者も考える時期になっているように感じている・

暫く、休んでいた「ブログ」改めて一新しながら当社の商品に対する「こだわり」情報や各地で観たり感じた「こだわり」をお伝えしたいと思います。

暫くお待ち下さい。
●自己紹介
●月別の日記
●LINE@開設中!


LINE@
「ながいきどっとこむ」開設中!
健康についての質問も受付中!
スマホやタブレットをお持ちの方、このQRコードでぜひ友だち登録お願いします!
●リンク





東京の社長.tvに出演しました!







環境と健康生活派Keireckのfacebook「健康なび」です。さまざまな情報を発信します!

「行者」のfacebook個人アカウントはこちらです!







soro営業人のオンラインショップ『環境と生活派Keireck』です。
人と環境に優しい良品を厳選してお送りしています!



『環境生活派』楽天ストアーもぜひご利用ください!


アクティブシニアの生き方さがし「シニア・ナビ」に登録しています。

ジオライフ
環境分析便利ページ
環境省
環境goo
eco-webnet
●BLOGランキング


雑貨ブログ


環境ブログ


シニア日記ブログ

人気ビジネス・経済BLOG
経済ランキング

0
社長ブログRanking



  • ライブドアブログ