石鹸安全信仰

「合成洗剤は悪者で石鹸が良い」という決めつけは良くない、消費者の冷静さが求められると筆者は述べておられる。

昨今、安さと天然とアルコール系の洗剤を選ぶ消費者が多いのはまだまだ「水」や「身体」との関係に関して無関心な傾向があるのではと思っている。
界面活性剤の疎水基原料を動植物の脂肪酸に求めているため、種々の炭化水素基を用いる商品が多いと思う。
例えばパームなオレンジや椰子油。アルコールエトキシレートと呼ばれる代表的非イオン界面活性剤等である。
洗浄力はそれぞれに優れているとの評判であるが・・・。
環境の負荷(水質汚濁、生分解性、皮膚刺激性等)について考えなくてはいけないことが多いと思うのだが。